Project

Para-sports Class Guide観客向けの障がいクラスプレゼンテーションデザイン

Tag
  • インプリメンテーション
  • UI/UXデザイン

概要

パラスポーツでは、試合を公平に行うために障がいの重さや種類によってクラスが分けられ、各クラスごとに競技が行われる。障がいクラスが異なれば戦い方やルール、使用する器具なども変わるため、おなじ種目でも見どころが変わるという面白さがある一方で、そのクラス分けは専門的かつ複雑で、多い競技では数十種類ものクラスが存在し、初心者にとっては観戦・理解がむずかしいという課題があった。 そんなパラスポーツの世界を、観戦初心者でも楽しめるように、障がいクラスの分類を観客が理解すべき最低限の情報で再構築してデザインしなおしたものが、Para-sports Class Guideである。 Para-sports Class Guideは、スタジアムの限られた時間・モニターサイズでも瞬時に理解できるよう、シンプルで直感的なピクトデザインで障がいクラスの要点をビジュアル化している。また、そのデザインモジュールの組み合わせによって、時間がたっぷりある客入れ時、時間が限られている競技直前や競技中など、その時々において最適な情報量で障がいクラスの情報を観客に伝えることが出来る。 運営用の複雑な障がいクラスを、観客用に再定義・リデザインすることで、スポーツ理解のハードルを下げ、誰もが楽しめるパラスポーツ観戦体験を実現した。

Works 一覧へ戻る